イメージ画像

保育園看護師のメリット・デメリット

保育園で働く看護師さんが増えてきています。転職先でも人気の保育園看護師のメリット・デメリットをご紹介していきます。

保育園での勤務は、夜勤や当直がなく、残業もほとんど発生しません。これが一番のメリットなのではないでしょうか。

保育園看護師の求人は、正社員待遇とパート・アルバイト雇用があります。パート・アルバイトの場合は午前中のみ、午後のみという勤務形態もあるようです。

どちらにしても夜間勤務はありませんので、身体的な負担が少なく、家庭と子育て、仕事を両立させることが可能です。

もう一つのメリットは、正社員・パート・アルバイトを問わず、土日・祝日の休日が設定されているので、病院勤務と比べるとしっかりと休みを取ることができます。家庭がある看護師の方には非常にうれしい部分なのではないでしょうか。

また、子供好きの看護師にとっては、働きがいのある仕事場のようです。基本的に保育園勤務の看護師の仕事は、園児の健康管理や園内の衛生管理、疾病予防などがありますが、保育士の補助の業務も少なくありません。

子供好きであれば、子供と一緒に遊ぶことも仕事というのは魅力的に感じることでしょう。

しかし、保育園の看護師の仕事はメリットばかりではありません。保育園で働くと正社員・パート・アルバイトでも日勤で定時終業が基本です。夜勤や残業もありませんので、手当てがつくこともほとんどないでしょう。病院勤務の看護師に比べると、拘束時間も少ないので手取りの給料は少なくなってしまいます。

現状では、看護師を常勤させる保育園の数はまだまだ少ないです。勤務形態としても魅力的な仕事ですので、一度就業すると辞めるという看護師も少ないようです。

ですので、求人数が少なく、仕事を見つけるのが大変なようです。看護師専門の求人サイトや転職サイトの中でもその求人数は非常に少ないのが現状です。

もし保育園の仕事の求人を見つけることができたら早めに応募をするようにしましょう。数が少ない人気求人ですので、倍率が高くなるのは覚悟した方がよさそうです。

このページの先頭へ