イメージ画像

派遣看護師とパート・アルバイト看護師の違い

近年では看護師の働き方が多様化してきています。正社員としての病院勤務だけではなく、派遣やパート・アルバイト、単発の仕事など、ライフスタイルに合わせた働き方を選ぶことができるようになりました。

では、それぞれの働き方は給料や勤務形態にそのような違いがあるのでしょうか。

正社員と非正規雇用の待遇面の違いとしては、昇給や昇格(昇給制度)の有無、ボーナス・退職金・各種手当などの有無、社会保険(健康保険、厚生年金、労災)の有無、福利厚生(福利厚生施設利用など)の有無となります。

これらの待遇面の違いを見ると、給与や収入面で正社員と非正規雇用の間に差ができることがよくわかると思います。また、給与形態も違い、月給制と時給制というのが一般的です。

勤務形態としては、正社員看護師の場合、日勤の他に夜勤や休日出勤などの義務が求められるので、多少の体調不良や家庭での都合があっても早退や欠勤をすることがなかなか難しい状況があります。

そのため、プライベートの時間がなかなかなく、心身の負担が大きくなります。

パートやアルバイト、派遣看護師の場合は自分のライフスタイルに合わせて働く時間を調整することができるので自由に時間を使うことができます。

夜勤や残業がない職場で働くこともできるので、ストレスをあまり感じずに働くことができます。給与や勤務形態で大きな違いがある正看護師とパート・アルバイト、派遣看護師ではありますが、業務内容自体には大きな違いはありません。

しかし、重い責任が求められる業務は正社員看護師が専従となります。

子育て中の方やパートナーの転勤などで定職になかなかつけない方などは、パートや派遣などでの働き方を選ぶことが多いようです。

しっかりと働きキャリアを積みたい方は正社員で働いて重要な仕事を任されるような職場を選んだ方がいいでしょう。それぞれの働き方で看護師の仕事を続けていくことができるように自分に合った働き方を見つけましょう。

このページの先頭へ